インターネットヲチャーのブログ

インターネッツの片隅からつぶやきます

【増資ニュース】サイバーエージェント・ベンチャーズ、いま聞けるすぐわかる、スマホ家庭教師サービスを運営する教育分野スタートアップの株式会社マナボへ出資


スポンサードリンク

ぱっと拝見した感じだと、Skype英会話と同じ位参入障壁が低く、差別化も困難なため、長期戦になると収益性がどんどん悪化しそうな気がするのですが、どうなんですかね。

既存の塾などはイノベーションのジレンマで参入しにくいとの読みなのか、既存事業者にOEMでシステム提供するのか、を想定しているのでしょうか。

シード投資なので、経営陣が面白ければ投資する、ということのような気がしますが。

今後に注目です。

サイバーエージェント・ベンチャーズ、いま聞けるすぐわかる、スマホ家庭教師サービスを運営する教育分野スタートアップの株式会社マナボへ出資 ≪ CyberAgent Ventures, Inc.

株式会社サイバーエージェン ト(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 藤田晋東証マザーズ上場: 証券コード4751)の連結子会社で、投資育成事業ベンチャーキャピタル事業を展開する株式会社サイバーエージェントベンチャーズ(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 田島聡一)は、「いま聞けるすぐわかる、スマホ家庭教師サービス mana.bo (マナボ)」の開発・運営を行う株式会社マナボ(以下mana.bo、本社: 東京都文京区、代表取締役: 三橋克仁)に対して、2013年5月2日付で出資をいたしました。

今回の資金調達で、塾・予備校・学校法人・家庭教師斡旋会社向けのマーケティング強化や、提供中の「mana.bo」の一般公開に向けた開発推進、人材拡充を予定しております。
広告を非表示にする